​ウェディングドレス選びで抑えたいポイント

私のウェディングドレスで抑えたいポイントはまずドレスの種類選びからです。多くのウェディングドレスがありますが、系統が分かれているので、自分に合ったものを選ばないと綺麗に見せることが出来ません。私は少しふっくらした感じなので、体全体を覆うことの出来る露出度の低いウェディングドレスを選びました。
露出度が低いので、人前に出ても緊張する事も無かったですし、身体のラインが出ないので、きれいに着こなす事ができました。
次に選ぶポイントですが、細部に拘って選ぶ所です。既存の製品の場合でもオーダーメイドのウェディングドレスでも、細部に拘った物を選ばないと実際に着てみた時のイメージが変わってきます。実際に私の場合は着てみると丈が短すぎてしまい、何度も選び直しをする事になりました。また可愛い装飾が付いている部分も実際に着てみると目立ちにくい場所に装飾が付いていたので、イメージと違った為、先に試着して置いて良かったです。
他にもウェディングドレスで抑えたいポイントがドレスのカラーバリエーションになります。赤色などの奇抜な物もありますが、自分の顔立ちなどに合わせたものを選ばないと浮いてしまう事にもなりかねません。私は純白の物を初めに選びましたが、鏡の前に立つとしっくり来なかったので、最終的にはオフホワイト色を選びました。
オフホワイト色は優しくて暖かい感じがする色なので、純白に比べると優しさを強調する事ができて良かったです。実際に結婚式にウェディングドレスとして着た時も似合っていると沢山の方から褒められました。
更にドレス選びのポイントとして、実際に結婚式を挙げる場所によっても抑えるポイントが変わってきます。私の場合は教会で結婚式を挙げたのですが、教会の場合だと肌を露出してしまうのは好ましくなく、ベールや手袋も必ず必要という所が多かったです。教会で結婚式を挙げる場合にはこの点を抑えておかないと参列者によく見せる事が出来ません。
レストランや屋外などの場所で挙げる結婚式なら、動きやすい服装の物を選んでおかないと、移動が困難になる可能性があるので、ボリュームを控えた動きやすいドレスを選ぶことが大切です。私もレストランでの結婚式を考えましたが、会場内で歩き回る動作が多くなるので、私の気に入っているドレスだとレストランでは合わなかったため、教会を選ぶことにしました。
最後に選ぶポイントはブランド品かオーダーメイドのどちらにするかです。ノンブランドの物でも良いですが、一生の思い出になる物なので、ブランド品かオーダーメイドにする方が好ましいと感じました。私の場合はオーダーメイドで作りましたが、オーダーメイドの場合は私の身体に合わせて作り込む事が出来たので、とても着心地が良く、似合っていました。既製品に比べると動きやすいですし、何よりも自分だけの為に作られたドレスなので、気分良く結婚式を挙げる事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です